値崩れしないマンションの選び方

マンションの大きな特徴としてあげられるのが、購入後も価値が下がりにくいということです。

値崩れしないマンションの選び方

マンションの大きな特徴としてあげられるのが・・・[女性 31歳]

マンションの大きな特徴としてあげられるのが、購入後も価値が下がりにくいということです。

マンションは一軒家に比べて建物の耐久性も高く、長期間の居住が可能です。
更に、管理会社によって定期的に補修や修繕を行っていますので、劣化もしにくくなっているのです。

しかし、マンションの中でも価値が下がりやすい物件と、下がりにくい物件があるのも確かです。

では、どのような物件が値崩れしにくく、いつまでも資産価値を高く保つことができるのでしょうか。そのポイントは立地条件にあります。周辺環境が整っており、交通の便がいいという点は、築年数に関わらず大きな付加価値となります。また、管理体制に関しても価値が変わってきます。例えば、管理人が常に常駐しているのか、週に2〜3日しかいないかという点でも全く違いますし、受付があるかないかや、セキュリティの高さも大きな差が生まれます。
これらのポイントを満たしているマンションが、値崩れしにくくいつまでも資産価値を保つことができる物件と言えるでしょう。