値崩れしないマンションの選び方

マンション選びで最も重要なのは立地です。

値崩れしないマンションの選び方

マンション選びで最も重要なのは立地です・・・[女性 38歳]

マンション選びで最も重要なのは立地です。
どのエリアに建っているかで、将来的な価値は全く異なり、8割から9割は立地に依存するとさえ言われているくらいです。

普通、マンションというものは、購入された瞬間に価値が1〜2割下がります。また、築年数が経つにつれて価値が下落し、10年以上経ったマンションそのものの価値は、半額以下になってしまうのが普通です。

ただし、ここに立地という条件が加わると話は違ってきます。中古の相場を見ても、築年数が10年以上経っているマンションでも、建っている場所の利便性が高ければ、価値はあまり下がりません。逆に、いくら新しいマンションでも利便性が低いなど、立地条件が悪い場所にあると、なかなか売れず価格は下落します。
中古でも建物の耐震性がしっかりしてさえいれば、リフォームをすることで新築に近い状態になりますし、むしろ自分好みの部屋にすることができるので、建物よりも立地に価値が置かれるのです。
ですから、値崩れしないマンションを手に入れるためには、必ず立地条件を考える必要があります。