値崩れしないマンションの選び方

一般に中古マンションの価格というのは、1年後に10%ダウンとなり、その後も1年ごとに役4%前後ダウンしていくと言われています。

値崩れしないマンションの選び方

一般に中古マンションの価格というのは・・・[男性 48歳]

一般に中古マンションの価格というのは、1年後に10%ダウンとなり、その後も1年ごとに役4%前後ダウンしていくと言われています。
将来売却することを前提にマンションを購入するなら、なるべく値崩れしないマンションを選ぶことが大切です。
マンションの価値の大部分を占めるのは土地です。
バブル時代は土地の値段は上がり続け、バブル崩壊後は大きく値を下げました。

しかし、今また再び値を戻し始めています。流動的な土地の価格ですが、確実に下落していく建物に比べると、逆に上がる可能性を秘めているわけです。

では、どのような立地であると良いのかといえば、やはり人気が集中する都心部ということになります。値崩れしにくい立地というのは、駅から5〜6分以内であることや、賃料水準が高い地域、更には再開発地域や周辺のロケーションの良い地域などもお勧めです。

物件そのものに目を向けるなら、高層マンションや管理体制がしっかりしているマンション、南向きの部屋などが値崩れしにくいと言われています。